第35回 ゆる鉄画廊NOMAD横浜桜木町 22日から開催

鉄道子ども会の活動にも縁の深い、鉄道写真家の中井精也先生が、明日からみなとみらいで開催されるカメラや写真関係の展示会CP+にあわせて、近くの桜木町でギャラリー&ショップ「ゆる鉄画廊NOMAD」を期間限定で開催されます!

お近くの方、ぜひお運びください。

============================

鉄道写真家中井精也の作品を展示・販売するギャラリー&ショップ「ゆる鉄画廊NOMAD」

2/22(木)〜25(日)の期間で横浜桜木町にある大貫カメラ2Fで開催いたします。CP+と同時期の開催です!

毎日、中井精也はCP+登壇時間と前後以外は会場におりますので、横浜へお出かけの皆様ぜひお立ち寄りください!

今回は中井精也のブログ「1日1鉄!」20周年を記念して中井精也がこれまで撮影し続けてきた作品を展示いたします。

1階の大貫カメラさんもクラシカルなカメラがいっぱいで楽しいですよ。

<NOMAD会場>

会場:大貫カメラ2F「FOCUS POINT」

〒231-0065 横浜市中区宮川町2-47

https://www.camera-ohnuki.com/

<ゆる鉄画廊NOMAD横浜桜木町 営業時間>
2/22(木曜):14時〜19時

2/23(金祝):10時〜19時

2/24(土曜):10時〜19時

2/25(日曜):10時〜16時30分

 

<中井精也在廊時間>

2/22(木曜):14時〜14時30分頃、17時頃〜19時

2/23(金祝):10時〜11時15分頃、13時50分頃〜18時頃

2/24(土曜):12時30分頃〜16時頃、18時10分頃〜19時

2/25(日曜):10時〜12時45分頃

※在廊時間は目安になります。

急遽変更になる場合もありますので、中井精也の公式Xで随時更新いたします。

中井先生のホームページ

鉄道子ども会は創立15周年を迎えました

2009年2月11日に、たった2名の子どもと始めた鉄道子ども会の活動が、今日2024年2月11日で15周年を迎えました。

鉄道子ども会 
2012年夏見学会 参加者4名

この間、多くの鉄道の好きな子ども達に楽しい時間を届けられるよう、いろいろな行事を行ってきました。会員も神奈川と東京の2拠点あわせて約100名となり、すでに卒業したOBには、交通関係の会社で活躍している人もおります。

芝山千代田駅で記念撮影

今は毎回活動を楽しみに通ってくれる子ども達がたくさんいてくれて、とても幸せです。

また、この数年で取り組みを始めた不登校や学校に行かないと決めた鉄道好きなお子さんへのサポート活動も広がりを見せてきており、今後も徐々に展開を図る予定です。

以上のような活動も、協力いただいている鉄道会社のみなさまや、保護者のみなさま、そして何より実際に活動を動かしているボランティアのみなさまがあってできることです。みなさまのご助力に心より御礼申し上げます。

ボランティア合宿での記念撮影

一方で、現在も入会をお待ちの方が多くいらっしゃることは強く認識しております。そのようなみなさまにも、会の活動が体験ができる交歓会を設定したり努力はしておりますが、根本的な解決にはまだ時間がかかりそうです。

準備会員向け交歓会体験会

また、行事の組み立て、活動時の安全やボランティアの確保などの課題もあり、これからも一つ一つ解決していかなければならないことと認識しています。

このようないろいろな問題を抱えながらも、今年も一歩一歩前に進んでいきたいと思っております。皆様にはこれからも変わらぬご支援を賜りますよう、お願いいたします。

          鉄道子ども会主催 会長 竹内敏浩

 

準備会員向け交歓会を開催しました

1月28日(日)に東京、参宮橋の国立オリンピック記念青少年センターで準備会員向けの交歓会体験を開催しました。いつもの交歓会の内容を短縮して前半、後半の2回行っています。

前半の会は低学年のお子さんが多かったので、会としては12~3年ぶりにプラ電を持っていきました。前日夜に整備していたのですが、経年劣化で動かない車両も多く、驚きました。日ごろからちゃんと整備しておかないとだめですね。

Nゲージにプラ電、さらに本のコーナーとあって、人数的にはそこまででないのですが、座る場所が少なくてちょっとドタバタでした。

前半の回は小学1~2年生が多くて、Nゲージやプラ電に行く子が多かったでしょうか。基本好きなことで遊んでいます。

模型の時間が終わると、交歓会です。これまではあまり発表する人がいなかったのですが、どんどん手が上がって驚きます。

スライドを使って発表中

後半の回は、ぐっと上級生が増えて、興味も違ってきます。Nゲージに行く子がやはり多くて、自分の車両を持ってきて走らせる子もいました。模型の調子が悪くて、会の模型担当スタッフに見せている子もいましたね。(なんとか直ったようで良かったですが)

ということで、2回の交歓会も無事終了。今回はスタッフがやや少なめでしたが、手伝いに来てくれたOBの子が大活躍でした。みんなに助けてもらっていてありがたいです。

最後にスタッフで記者会見

次回は、2月18日(日)東戸塚でのメルマガ購読者向け公開交歓会体験です。次回で今年度の公開交歓会は終了の予定です。

お話し会について

明日は立春、暦の上では春らしいですが、月曜は関東でも雪が降る可能性があるということで、鉄道業界の人たちはなかなか安心ができない週明けになりそうです。

さて、先月の1月26日に「お話し会」の第9回目を飯田橋の会場で行いました。この「お話し会」というのは、不登校というか、学校に行かないという判断をしているお子さんが集まって、ただただ鉄道のお話をすると言う、そういう会になっています。今回は四名のお子さんが参加をしてくれました。

毎回、いろいろな話が出るのですが、鉄道の話は尽きません。最初はある子から、どうして相鉄・東急新横浜線の新横浜駅の構造が2面3線なのだろうかという疑問が提示されました。

彼の疑問は、ダイヤ乱れの際に双方の列車がこの駅で折り返すのに、ネックになっているのは、新横浜駅が2面4線ではなく、2面3線しかないためで、最初から分かっていたはずなのにというわけです。

これに関しては、もちろん正解というのはないのですが、他の子からもいろいろな意見がだされて、お金がないからかな?とか、周りにビルが建っていたからじゃないか?とか、

1+1=2 のように正解のある問題というのは、実は世の中では少数で、正解のない問題の方が多いなんて話もしながら、好き勝手に推論しているのですが、みんないろいろ考えています。

こんな感じで2時間はあっという間。次回は2月20日(火)の10時~同じく飯田橋で開催予定です。

とつか活動紹介展はあすまで

東戸塚駅東口の西武百貨店からイオン方面への渡り廊下で、とつか区のボランティア団体の展示を行っています。

鉄道子ども会もボランティア募集のパネル展示しています。明日1月26日のお昼すぎまでです。お近くの方はぜひ。

展示の様子

こんな感じです

東京1団の交歓会を今年初めて開催しました

1月14日、鉄道子ども会東京1団の2024年初めてになる交歓会を渋谷区で開催しました。

Nゲージコーナーは新車でいっぱい

今回の交歓会には、クリスマスプレゼントやお年玉でお気に入りの鉄道模型をもらったり買ったりした子が多く、みんなが持ってきた車両を出すにに一苦労です。

でも、みんな楽しみにしていたNゲージをもってきらきらしてますね。

一方で読書コーナーも、そしてプラ電コーナーにも子ども達がいっぱい。

読書コーナー

プラ電は、みんな楽しんでいて、いいですね。

実はこのプラ電、会のものではなくて、あるプラ電好きなお子さんが、毎回大きめのスーツケースに詰め込んで持ってきてくれているのです。感謝です!

プラ電の部屋

こんなにならんでます。

すごい数のプラ電

前回の神奈川と今回の東京は、準備会員から正会員に変更になるお子さんたちのオリエンテーションも兼ねていました。徐々にではありますが、正会員にあげているのですが、なかなか定員の空きができませんね。

模型などの遊びの時間は終了して、いつもの交歓会に。こちらも年末年始でお出かけした子どもが多く、発表が多くなります。みんないろいろなところに行っていたのね。会長も行きたかったなぁ。年末に東武のローカル線の乗りつぶしには行きましたけどね。

交歓会の様子

最近は、USBメモリにデータを入れて持ってきてくれる子が増えました。あらかじめ写真がチョイスしてあるので、時間的にも有利ですね。

その後、お正月恒例の大お年玉大会を行いました。

そして最後はいつもの記者会見。写真を撮るときの掛け声は、「1+1は? 2~。」というのが多いのですが、最近会ではやっているのは、「日本の首都は? 東戸塚~。」というもの。

だれかが会の機関誌「鉄とも」に書いたメッセージが震源らしいのですが。。。学校のテストでは、間違えて東戸塚と書かないように。

そんなこんなで楽しい交歓会も終了しました。

2月はいよいよ鉄道子ども会15周年 記念のイベントになります。乞うご期待。

最後に記者会見

今年初めての交歓会(神奈川1団)を開催しました

2024年最初の活動は、1月8日の神奈川一団の交歓会になりました。

東戸塚のいつもの会場に集まった子どもたちは、Nゲージのコーナーと鉄道のおなしコーナーにわかれて、みんな好きに遊んでいきます。

今回はプラ電のコーナーがなかったので、ちょっと残念だった子もいたかな。

Nゲージコーナー

模型を撮影中

今年の2月に鉄道子ども会は15周年を迎えますが、その記念誌の原稿をみんなに書いてもらっています。熟考する子も、さらさらと書いて提出する子もいて、個性が出ていて面白いです。

15周年史の一言コーナー

模型コーナーでは、年末年始に増備した鉄道模型がいっぱいならんでいます。

なかには、修理の必要な車両もあるのですが、模型に強いKさんが、修理を請け負ってみてくれます。それぞれの部品などはないので、必ず直るというわけではないのですが、ほぼほぼ動くようにはしてくれています。故障では、車輪の汚れによる集電不良と、綿ぼこりがギアに噛み込むトラブルが多いそうです。小まめなメンテナンスが必要ということですね。

Nゲージの修理中

なんのサイン?

今回はプラ電コーナーはなかったのですが、ちょっとブームなのが、プラ電にかぶせて遊べる、オリジナルのペーパーモデル。割と簡単にできて、いろいろな車両に変化するので、楽しいですね。

最近はやりの? プラ電対応のペーパーモデル

 

前半の模型の時間が終わって、後半の交歓会に移ります。

この時間は、子ども達の発表の時間が多く、旅行に行った話やレアな機関車を撮った発表、そして自家製のクイズなどで、大いに盛り上がります。

発表中 大宮駅での、レアな機関車の撮影

発表中 レアな185系臨時電車を撮影したよ!

クイズ出題中 音で何線か当ててね!

最後に、新年初めてなので、お年玉抽選会。みんな好きなグッズなどを持って帰っていました。

最後に記念撮影をして解散となりました。みんな楽しかったかな?

最後に記者会見(記念撮影)

 

#一部の写真は、意図的に解像度を落として掲出しています。