交歓会&Nゲージ運転会 盛況でした!


更新が遅くなりましたが、24日の交歓会&Nゲージ運転会に参加いただいたみなさん、ありがとうございました。出入りの保護者の方も含めると20名超となり、また新しく見学に来られた方も2組いらして盛況となりました。

スタートはまずNゲージの運転会から。今回少しゆるいカーブを増備したので、ややゆったりしたレイアウトをくむことができましたが、二回まわしにするにはやはり直線レールがまだまだ足りません。もっとも高架線を作ると勾配を登れない編成が続出しそうではありますが。

20160424レイアウト

今回レイアウトを作っているときに、電気的な問題が発生。最初は新しいダブルスリップ分岐器の問題かとおもっていたのですが、原因を究明してくと別のところに問題があることが判明。一つ一つ症状を確認して、原因を追い込んでいったのですが、それについてきてくれた中学生グループは段々レベルが上がってきていて頼もしいです。

Nゲージ運転がひと段落したところで、交歓会に。まず2015年度の活動表彰を行いました。鉄道子ども会では、活動ポイントという制度を設けて、年に1回ポイント(参加ポイント+乗車ポイント)に応じて表彰を行っています。2015年度の活動ポイント(2015年4月1日~2016年3月31日)は、以下の通りです。

参加ポイント(活動に参加ごとに加算)
1日イベント 500ポイント 半日イベント 300ポイント

乗車ポイント(活動時に鉄道を利用した距離×3)
東戸塚駅基準で、乗車したキロ数(営業キロ)の3倍(小数点以下切り上げ)の加算になります。

2015年度子ども会活動ポイント(最終)

かいせくん     6283(皆勤賞)
ゆうきくん     4683
しゅんいちくん   4483
かいとくん     2815
れおくん(や)    2615
ともゆきくん     2202
なおとくん     2112
こうたくん     2002
ゆういちくん     1215
ひかるくん     602
はるきくん     300
あつとくん     300
けいとくん     300

活動ポイント上位3名は、交歓会で表彰並びに記念品の贈呈を行うことになっており表彰式を行いました。

DSC_0030最高ポイント獲得並びに皆勤賞のかいせくん

DSC_0033

入賞の3名

その後、交歓会で会員の発表コーナー。春休みの話やGWにどこに行くよ!なんて話で盛り上がりました。箱根登山鉄道の特徴。みんな違った視点で面白かったです。また、これからどこに行きたいか、ということでもいろいろ意見が出てました。

また。このコーナーで唯一プレゼン用の資料を用意してきたのが、なおとくんでした。壮大な架空鉄道を路線だけでなく、車両や車両基地なども含めていろいろ考えて、プレゼン用に紙にしてきてくれました。なかなかお見事でした(写真とれなくて残念!)。

DSC_0018

後半は恒例?になった、停車位置トライアル。みんなだんだんうまくなって、誤差ゼロも続出していました。もう少し難易度の高いヴァージョンも用意しないといけないかな~。最後に記念撮影をし解散となりました。

DSC_0036

この写真は、昔カメラマンだった?保護者の方に撮影していただきました。ばっちり!です。ありがとうございました!

 

小旅行会行ってきました! 新駅小田栄にも下車!


2016年3月26日は、JR、私鉄のダイヤ改正日でした。この日から北海道新幹線が青函トンネルを渡って新函館北斗駅まで行くようになったのですが、南武線の支線でも同じ日にこっそりと新駅が開業していたのでした。

鉄道子ども会では、この日、新駅下車に加えて、京急大師線、空港線乗車、羽田空港見学をする小旅行会をおこないました。

朝9時に東戸塚駅集合、今回は横浜からの参加も多かったので、横浜での2次集合も設けてみました。まずは京浜東北線で鶴見へ。

鶴見線のホームは、同じJRなのに改札を通らなくてはいけません。鶴見線は全駅?無人駅で、ほとんどの人が鶴見駅を使うのでこのようにしているのでしょう。

DSC_0005

 

鶴見駅で記念撮影

この鶴見駅のホームは、昔私鉄だったころの名残

 

 

 

 

鶴見線は3両編成。ほとんどの人が初めて乗るということで、興味津々のようす。途中の鶴見小野で休憩した後、浜川崎へ。ここから南武線に乗り換えますが、ここも無人駅なのでフリーパスです。※簡易改札機がありますが、南武線に乗り継ぐ人はタッチしないでと書いてありました。

DSC_0024

 

 

南武線車内の吊り広告

小田栄駅開業の案内でしたが、この手の広告は期間限定なので貴重

 

 

浜川崎駅を出て、ちょっといくともう新駅「小田栄(おださかえ)」駅です。踏切を挟んで反対方向に相対式のホームがありますが、簡易なつくり。駅前にはコンビニが1軒と、近くにコーナンとイトーヨーカドーがあります。また大きなマンションがいくつもできていて、その住民の足として作られたのでしょうか。

せっかくの新駅開業でしたが、記念イベントも、記念切符の発売もなく、寂しい限りでした。また後で知ったのですが、当面はこの小田栄駅は隣の川崎新町駅と同じものとして運営されるのだとか。運賃改定などが間に合わなかったのかもしれませんね。

DSC_0029

 

 

 

 

みんなで記念撮影!

開業初日に下車しました!

 

 

 

 

 

DSC_0032

 

 

 

この区間は旅客よりも貨物列車の本数の方が多いかも。

旅客列車は貨物列車の合間に運転されているような感じです

 

 

小田栄駅から再び南武線の支線に乗り、尻手経由でJR川崎に。ここから京急川崎に向かいます。

 

 

DSC_0046

 

 

大師線は地上ホームから出発します

 

 

 

 

これまたあまり乗ったことの多くない京急大師線に乗車。ホームは本線が高架ですが大師線は地上です。

このホームも、現在行われている立体交差化工事が終わるとなくなってしまうそうです。

大師線は複線(産業道路を渡るところだけ単線)で、昼間は3本の電車で運転されているようです。暖かい日差しの中、ゆっくりと進んで終点の小島新田へ。

 

 

DSC_0053

 

 

小島新田駅で記念撮影

 

 

 

 

 

小島新田駅を出たところ、階段を上って陸橋の上に行くと、JRの貨物線と臨港鉄道の線路が見えました。なかなか風情があったのですが、写真撮り忘れました

 

DSC_0058

 

 

帰りは急きょ東門前駅で下車

構内踏切があるのは珍しいですね

 

 

 

 

帰りは、時間があることやお昼の関係で東門前駅で下車し、徒歩で川崎大師を目指します。東門前駅は構内踏切のある駅。みんなで観察していました。

東門前駅から徒歩10分ほどで川崎大師へ 参道の飴屋さんのパフォーマンスすごいですね

 

 

DSC_0063

 

 

川崎大師参道

 

 

 

 

 

 

川崎大師にお参りしてから、境内でめいめいに昼食。屋台も出ていて、みんな食べたいものを食べていましたが、食べ物を狙って?鳩の軍団が来襲していました。

 

 

DSC_0065

 

めいめい昼食

 

 

 

DSC_0071

 

 

鳩が来てます~

 

 

 

 

 

 

お昼を食べて、今度は川崎大師駅へ、駅前には京急創業の地碑が立っていました

DSC_0073

 

 

碑の前で

 

 

 

DSC_0079

 

 

川崎大師駅でのスナップ

 

 

 

 

 

 

川崎大師駅から京急川崎を経由して、空港線羽田空港へ。蒲田駅の高架がすごいことになってました。

まずは国際線ターミナルで下車 国際線ターミナル上の展望デッキでしばらく飛行機を眺めます

みんな鉄道好きだと思っていたら、普通に飛行機の機種も知っている人が多く、マニア気質を強く感じた次第。

DSC_0082

 

 

国際線ターミナルの展望デッキ

 

 

 

 

 

 

続いて、空港内の無料バスに乗って(ちょっとマニアック)国内線ターミナルへ。すごい人出でした

再度展望デッキへ、こちらの方が国際線より本数が多いです

DSC_0088

 

 

国内線ターミナルの展望デッキ

 

 

 

DSC_0083-001

 

新鋭機787も見えます~

 

 

 

 

 

帰りはモノレールで帰りたいという意見もありましたが、時間の都合で再度京急線で横浜へ。ここで1次解散となりました。

乗り換えが多い旅行でしたが、近場のわりにみなさん乗ったことがないという話が多く、たまにはこういう旅もいいなと思った次第です。

次回の活動は4月24日(日)の交歓会&Nゲージ運転会(東戸塚地区センター)になります。見学もOKですのでぜひいらしてください(いらっしゃるときは事前にメールをいただけると、助かります)。

鉄道子ども会2016年度の会員登録のお願い


2016年度の会員登録を開始いたしました。4月以降も継続して参加される方、あるいは4月から新たに参加を希望される場合は以下の事項を記入の上、メールで info@rail-fan.jp まで送付お願いします。

2016年度も会費なしでがんばります(参加実費はかかります)。

記入項目=============
参加者氏名
参加者年齢または学年(4月1日時点)
保護者氏名
保護者電話番号(携帯可)
保護者住所
============== DSC_0639

WordPress Themes