4月8日に交歓会とNゲージ運転会を開催しました

2018年度初めての活動として、2018年4月8日(日)東戸塚地区センターで交歓会とNゲージ運転会を開催しました。

実はその前の午前中から「トワイライトチーム」(小6~高校生)の有志が別の場所に集まって、夏合宿についての打ち合わせをしました。

行先はいくつもの案がでたのですが、日程や金額などの制約もあるため、関東近県のいくつかの案にしぼりました。この後、宿泊先や見学先などの調整をしたうえで、なるべく早く予定をお知らせしていきたいと思っています。

さて、12時からトワイライトチームが組み立ててくれたレイアウトですが、今日は見学の人が多いということで複々線(4線)で組んでくれました。さすがに線路(特に直線)が足りなくなった様子でしたが、いろいろ無理をしながら組んでくれました。

スタートから15時まではNゲージの運転会。みんな持参した車両を持ち寄って運転をします。新幹線あり、スーパーしなのあり、阪急あり、東海道線ありとバラエティに富んだ車両が行きかいます。今回見学に来られたお子さんたちの車両も参加しています。

交歓会の前の夏合宿の話し合いの時に、トワイライトチームの子ども達に「最初に鉄道子ども会の活動に参加した時はどうだった?」と聞いてみたのですが、「すごく緊張した」「みんな知らない人でどうしようかと思った」など、ずいぶん大変だったようです。そこでチームのみんなには、「今日見学に来る子ども達に親切にしてあげよう」と話していたのですが、結果はなかなかよかったのではないでしょうか。

初めて見学で参加の子ども達も、個人差はもちろんあるのですが、徐々に模型に引き付けられていき、最後のころには会員と見分けがつかないくらいになっていました。鉄道おそるべし。

15時には楽しい模型の時間を一時中断して、交歓会(例会)に入ります。まずは子どもたちみんなで自己紹介。会員はさすがになれていて、最近の出来事などをコンパクトに紹介していきます。続いて見学のみんなも自己紹介をします。「好きな電車は?」の答えがやたらとマニアックで驚いたり、西武や京王などこれまであまりなじみのなかった鉄道の話が出てきて刺激になりました。

自己紹介に続いて各自の発表です。今回から一人5分の制限時間を付けました。本当はもっとゆっくりやりたいのですが、人数の関係もあり時間を区切らさせてもらいました。

この発表の前に実はトラブルがあり、会長のパソコンが前回同様プロジェクター画面に切り替わらなくなる故障が。家ではちゃんと切り替わったのに……。と、ここでなんとノートパソコンを持ってきたなおと君が登場!結局会長のパソコンより数段高性能な、なおと君のパソコンを使ってプレゼンをすることに。

まずは恒例になりつつある、しゅんいち君の駅名あてクイズ。難しい内容をちゃんと答える人がいるのですから大したものです(会長はギブアップ)。

次はパソコン持参のなおと君の都営地下鉄馬込車庫のプレゼン。新型がちゃんと、とらえられていました。

続いてりゅうせい君の京急を中心としたプレゼン。これは写真をあつめただけでなく、PDFにまとめた形になっていて驚きました。

最後にかいと君の相鉄や京王などの撮影のプレゼン。こちらも最近走り出した新型車両の撮影をしています。みんなちゃんと時間内に収めるあたりはさすがですね。

今回は年度初めての交歓会ですので、入団式、進級式、そして活動表彰も行いました。

入団は先日入会した4名。進級は今回トワイライトに進級した3名でした。

新規入会の4人
進級の3人

活動表彰は、活動に参加するともらえる参加ポイント(全日行事で500ポイント、半日行事で300ポイント)と、会の小旅行などの鉄道移動距離に応じて付加されるポイントを合算し、全体でのポイントを競うものです。

昨年度(2017年度)の最高は9,101ポイントでゆうき君とかいせ君が同点優勝。さらにこの二人は皆勤賞ということで2重の栄誉となりました。この他、上位の人には表彰状が、そして参加者全員に参加賞が配られました。

表彰状授与式

交歓会はここで終了し、子供達は再度鉄道模型にもどり、トライアルゲームに。今回は2チームに分かれて競っていたようです。

最後に恒例の記念撮影をして解散となりました。

次回の活動は、5月に見学会の予定ですがまだ日程が決まっていません。また次回見学の出来る交歓会は6月~7月に開催の予定です。日程などが決まりましたら、メールマガジンでお知らせいたしますので、みなさまよろしくお願いします。

小旅行会「久留里線に乗りに行こう」終了しました!②

小旅行会は、木更津駅からいよいよ今回の旅行の目的である久留里線に入っていきます。

千葉県内のJRで電化されていないのはこの久留里線だけ、私鉄では五井駅から内陸に入っていく小湊鉄道線が同じく非電化ですが、貴重な存在です。もう一つ、久留里線は単線でもあります。

木更津駅でのキハE130

大都市の鉄道線は、上りと下りの線路がそれぞれ別にあるのですが、ローカル線になると線路が一つというところが少なくありません。短い路線であればあまり問題はないのですが、長い線ではどうしても途中で上りの列車と下りの列車が行き違いをしなければなりません。この行き違いの出来る駅を「交換駅」と呼びますが、久留里線ではどこかな?とみんなには質問を投げておきました。

編成は1両で、ワンマン運転です。運転席の後ろにバスの運賃箱のようなものがあり、降りる人はここで乗務員に定期を見せたり、きっぷやお金を入れたりして清算する仕組みです。

木更津駅を出て少しの間だけ内房線と並走しますが、やがて右方向にカーブして離れていきます。

単線区間!架線がないので空が広く見える

すぐに単線、非電化区間に。電化されている線では当たり前の架線も架線柱もなく、景色がすっきりと見えます。

子ども達は車両の先端で前面展望を見たり、座席から周りを見たり、エンジンの音を聞いていたりとそれぞれおもいおもいのことをしています。この辺りは一糸乱れぬ統制を是としない当会ならではなのかもしれません。

やがて横田駅に到着。この駅が交換駅で、前から対向列車がやってきました。

対向列車と横田駅で交換

横田駅から久留里駅までは田んぼや畑の中を走っていきます。途中小櫃川を渡ったりといくつかポイントもありますが、久留里駅には木更津駅からほぼ50分で到着しました。

久留里駅での記念撮影

久留里駅構内で写真を撮っていると、駅員の方に「渡り通路の上なら入って写真を撮ってもいいよ」と言っていただき、気動車を間近で撮影することができました。お心遣いがうれしかったですね。

間近でみる列車

駅の外に出ると、なかなか趣のある駅舎です。旅行会前の下見の時は寒くて大変だったのに、今日は日差しもあっていい日よりです。駅前のE130の看板の前でも撮影している人がいました。

久留里駅前で

久留里は湧き水のきれいなところで、水がおいしくて有名です。駅前にも水を汲む場所が用意してあり、ポリタンクを持った人が多く車で訪れていました。この水でコーヒーやお茶を入れるとまろやかでおいしいのだとか。

お昼になりましたので、駅前すぐにある、久留里観光交流センター前のベンチで昼食にします。

お昼だよ

 

みんな食事が終わると、街散策です。今回は久留里の街で2箇所スポットを選んでクイズ形式にしてみました。3班それぞれ地図を片手に街歩きです。

どっちだろう?
あった!

思った以上に子どもたちが乗ってくれて、企画した側は一安心。あっちだのこっちだのとワイワイしながら歩きます。カエルの置物に乗っている子ガエルの数などを確認しながら、3班とも無事ゴール。もうちょっと難しくしてもよかったかな~。

駅に戻ると、上総亀山行に乗車の時間が近づいていました。駅のスタンプをお借りして押したりしていると、汽車が入ってきました。

駅のスタンプを押します

今度は2両編成です。実はこの列車が悩ましく、朝の上総亀山行の後は、この13時50分発まで列車がないのです。木更津~久留里間はほぼ1時間間隔で列車があるのに!

その待望の列車で終点の上総亀山を目指します。久留里までの平坦な景色からは様子が変わり、山間の区間を川を見ながら登っていきます。途中二つのトンネルを抜けると終点上総亀山です。

上総亀山で記念撮影

これで、久留里線全線32.2キロを完乗となりました。上総亀山駅付近には観光名所はなく、少し離れたところに亀山湖(人工湖)と亀山温泉があるのですが、今回はあまり観光のお客さんらしき人は見かけませんでした。

帰りは、さすがに子どもたちも疲れていて、やや口数も少なくなります。木更津で乗り換えれば、帰りは乗り換えなしで横浜まで戻れるのは、内房線から横須賀線に直通運転しているメリットでしょう。帰りの電車は長かったですが、みんな無事に帰着しました。

今回の旅行会は、保護者の方に多く付き添っていただき、本当に助かりました。保護者の方の中には、「この旅行に行かないと一一生久留里線には乗らないと思うので!」と参加いただいた方もいらっしゃいました。鉄道子ども会としての今年度最後の旅行会になりましたが、4月以降もいろいろなところに行ってみたいと考えています。

小旅行会「久留里線に乗りに行こう」終了しました!①

昨日(2018年2月17日)土曜日に、千葉県のJR唯一の非電化路線である久留里線に乗りに行く小旅行会を実施しました。

久留里線のキハE130

参加は保護者を含めて20名を超える旅行となりました。横浜駅の集合場所には集合時間前からメンバーが集まります。興奮して前夜あまり眠れなかった子もいたようで、引率者としてはちょっと不安に感じるところもありましたが、結果は最後まで体調を崩したりの脱落者がなかったのはとてもよかったですね。

また今回は、入団して初めて旅行に参加する子どももいて、名札やバッチの受け渡しなどを行います。活動時は外活動ではバッジ、内活動では名札を付けることにしています。今回の旅行は同行いただける保護者の方も多くて助かります。

横浜からは東海道線で東京駅に、そこから京葉線に乗るため京葉線ホームに移動します。舞浜の夢の国に行かれる方はご存知だと思いますが、このホームは東京駅のメインのエリアから400mくらい離れています。これはもともとは成田新幹線のホームとして建設したものを京葉線用に転用したからというのは比較的有名な話です。

東京駅の地下を子ども達を連れて班ごとに移動するのですが、同じ時間帯に夢の国に行かれる方も多く大混雑。保護者の方にフォローしていただいて助かりました。今回から3班体制になっていますが、それぞれの班長さんも頑張っていました。

京葉線は快速にのりますが、結構な乗車率。しかし3つ目の舞浜でかなり乗客が降ります。

京葉線の車内

本当であれば、横浜から横須賀線、総武線経由の内房線直通電車に乗れば、乗り換えの必要はないのですが、行きと帰りをなるべく違う路線に乗りたいということで、このような行程になっています。

京葉線は新しい路線のためほぼ全線が地下か高架で踏切もありません。なかなかのスピードで終点の蘇我を目指します。

蘇我駅で

蘇我駅で下車します。乗っていた電車はこの後外房線に入ってしまうのですが、ちょうど向かいのホームには横須賀線からの直通の内房線方面の電車が待っていました。よくできたダイヤとホームの使い方です。階段などを使わないで内房線、外房線、京葉線を乗り換えられます。

本当ならその向いの電車に乗れば早いのですが、ここは一本電車を落として、209系の千葉ローカルの電車を待つことにします。

内房線車内で

この209系は以前京浜東北線などを走っていたものを改造して、今では千葉駅より先の各駅停車の主力となっています。乗ったのはクロスシート車両ですが、もちろん改造で付けたシートです。

クロスシートの飲み物置き

こんな飲み物置きまで付いています。子どもの誰かが「昔みたいな栓抜きはついてないんだよ」と解説をしていましたが、その時代知っているの?と突っ込みを入れたくなりました。しかしよく勉強している子が多いのには驚かされます。

蘇我駅から30分ほどで木更津駅に到着します。ここで少し時間があるので、改札口を出て見ることにしました。ここで駅弁を買いたいといっていた人もいましたが、残念ながら見当たらなかったようです。駅前のコンビニで買い物する人もいました。

木更津駅前の風景
木更津駅

これから乗車する久留里線は、大都市近郊区間内ではありますが、Suicaが使えない線区です。駅の階段には注意のポスターも張られていました。

久留里線の注意書き

続く。。

鉄道子ども会創立9周年です!

創立9周年!

鉄道子ども会は、この2月11日で2009年2月に初めての活動を西武鉄道小手指車両基地の見学会からスタートさせてから9周年を迎えます。この間色々な方のサポートを受けて、活動も安定してきました。

これからも楽しい時間を子どもたちに届けるとともに、単に楽しいだけではなく、同学年だけでなく上下の年代の子ども達とも関係性を築いていくなかで、いろいろな学びをする機会を作っていきたいと思っています。これからも引き続きご支援、ご協力をお願いします。

写真はその見学会の時の写真です。なつかしい!※写真はFBの方からご覧ください。鉄道子ども会9周年

横浜鉄道模型フェスタに行ってきました

会長の竹内です。この前の土曜日は、横浜鉄道模型フェスタに行ってきました。

各社のブースと新型車両の模型が目をひきました。

 

以前都筑の運転会でお世話になった方ともバッタリお会いできて、久しぶりにお話ができました。

本当はいろいろお買い物もしたかったのですが、あまりの人出に酔ってしまい、早々の退散となりました〜。

交歓会&Nゲージ運転会+新年会開催しました

2018年1月14日(日)、東戸塚の東戸塚地区センターで今年初めての活動として交歓会とNゲージ運転会を開催しました。

今回は、参加予定の2名がインフルエンザのために欠席となるなど残念なこともありましたが、新規に見学の方が4名もいらっしゃいました。特に栃木県からの参加もあるなど、ますます広域化してきました。

12時にはトワイライトチーム(小6~高校生)の有志が集合し、Nゲージの組み立てに入ります。RTCとの共催の運転会で好評だった待避線を今回も設けることにしたのですが、レールの都合で複線になってしまい、結果的に線路容量不足になってしましました。この辺は今後の課題ですね。

やや消化不良の子もいたようですが、2時間ほどNゲージ運転を楽しんだ後、交歓会のスタートです。

今回はまず昨年多数の鉄道模型関係の品を当会に寄贈いただいた中林さんへの感謝状の贈呈式。当会としては珍しく式典となりました。

中林さんからは、鉄道模型についてのコメントと共に、会員に向けてサプライズプレゼントが。品川機関区(すでに廃止)の区名板(SLやELなどの機関車の側面に所属区を表すためのもの)を持参され、クイズ形式で当たった子どもにプレゼントいただきました。

品川機関区の区名板をわざと逆さに手にしながら挨拶をする中林さん
貴重な区名板をGETしたのは?

式典の後は定例の交歓会が始まります。まず新しく見学に来られた方の紹介の後、各自冬休みの思い出などを披露します。会の仲間同士で遊びに行ったりと、小学高学年になるとアクティビティも上がってくるようです。

この発表も、最初はなかなかうまくできなかった子も、何回か経験することで徐々にうまくなっていくのが見ているスタッフとしては楽しいのです。

各自発表の時間です
各自発表中
楽しそうですね!
各自発表の続き

各自発表の後は、自分の撮った写真を発表するコーナーもあります。毎回盛りだくさんで時間をオーバーしがちですが、みんな真剣そのもの。二世代くらい前に現役だった会長としては、なんとかついていくのがやっとという状態です。

映像での発表もあります

交歓会を終了して、子ども達は再度模型の運転に、保護者のみなさんとはプチ保護者会ということで、日ごろのお子さんの様子や会への要望などの話を伺いました。

最後に記念撮影

最後に恒例の記念撮影をした後、有志総勢20名で駅近くの居酒屋さんで新年会を開催しました。これはこれでまた盛り上がりましたが、写真はサブリーダーからはまだ来ていません。

次回の活動は、2月17日(土)、千葉の久留里線に乗りに行く予定です。その次は3月に見学会(会員のみ)を開催の予定です。

鉄道好きな子、集まれ~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。